スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

投資信託の手数料について

今回は、投資信託にかかる手数料について書いていきます。
投信にかかる手数料って 買うときにとられる手数料だけだと思っていてはいけません。
さまざまな種類の手数料がありますよ

投資信託の手数料は、投資信託を行う人にとってはとても重要なことではないでしょうか。
一体投資信託の手数料というのはいくらくらいなのでしょうか。投資信託の手数料はそれぞれ投資信託の時期によって支払う投資信託の手数料は違っています。

①投資信託を購入したとき
必要な投資信託の手数料には、申込手数料(販売手数料)というのが必要になってきます。これはファンドごとに違っているのですが手数料には消費税も加えられます。

②収益分配のとき
投資信託の手数料には、収益分配時にも手数料がかかってきます。所得税や地方税です。

③換金をするとき
換金手数料というものが投資信託の手数料の一つにあるのですがこの投資信託の手数料は、ファンドによって違っていて、場合によっては換金手数料が無料のファンドもあるようです。

④保有してるとき
投資信託の手数料には信託報酬というものがあるようです。投資信託を運営している運営会社の収入なのですが運営している人に、人件費や情報量として信託報酬が支払われる形になります。

⑤解約するとき
投資信託の手数料には、信託財産留保金と呼ばれる手数料が必要です。この投資信託手数料は投資信託をやめる人が残っている額に応じて、ファンドに残すお金の事です。また、解約手数料が必要になるファンドもありますからその場合には投資信託手数料として、解約手数料が必要になってきます。

主に 投信の手数料としてかかるのは 上記の5個です
①に関しては 投信を販売している会社によって違います。同じ投信でも 販売している会社によって
違ってきますので安いところで買うのがいいと思います

②は 税金です これはどこで買っても一緒です。
覚えていてほしいのは、分配金には税金がかかるということです

③に関しては へー そうなんだくらいでいいともいます(笑)

④は、保有中に運用会社に手数料として払うものです。目論見書のなかに 信託報酬の率と
分配の割合が書いています。 これは同じ投信であれば販売会社にかかわらず一緒です

⑤は、解約したときにその投資信託が解約する投資家のために運用資産を換金する必要があります
その際の手数料だと思っていただければいいかと思います。

いかがですか??
手数料と一口にってもいろいろな種類があります。
①④⑤は特に覚えておいてくださいね。

あなたの何か役に立てれば幸いです

テーマ : 資産運用について - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

COMMENTS

No title

どうもこんにちわ。私の勝手なブログにリンクしてもらいありがとうございます。
よければ投資信託に関しての情報交換をしませんか?

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。