スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

ゆうちょ銀行をお忘れなく

ロイターの記事から引用です

トムソン・ロイター傘下の投信情報サービス会社のリッパーによると、
日本郵政グループ[JP.UL]のゆうちょ銀行が販売している
投資信託の4月の推計純流入額(設定額から解約額と償還額を引いた金額)は
前月比2倍強の64億5721万円となった。
日本郵政の前身である日本郵政公社が
投信販売を開始した05年10月以来、資金の流入超が続いている。

4月の純資産残高は前月比4.7%増の8549億5900万円となり、
3カ月連続で増加した。過去最高残高は昨年7月末の1兆0835億2600万円。

http://jp.reuters.com/article/domesticFunds/idJPnTK028445820090519
から引用

4月の流入額
1位は DIAM世界リートインデックスファンド(毎月分配型)
2位は 日興五大陸債券ファンド(毎月分配型)
3位は 野村世界6資産分散投信(分配コース)


日興の買収騒動でメガバンクや大手証券がいろいろ
動きを活発にしていますが、ゆうちょ銀行もお忘れなく。

個人マネーがもどってきているというよりも
定期預金からの買い替えや営業努力なのかな
というのが個人的感想です。

ゆうちょ銀行は、投信の仲介専門の郵便局を
強化しようと考えているようです。
販売はしないで、あくまで仲介ですが
ラインナップは、当然今扱ってる商品も扱うでしょう。
そうなると、流入額はまだ増えるかもしれないですね。

上位3つとも すべて毎月分配型というのが
おもしろいですね。
ゆうちょ銀行で投信を購入しているのは
お年寄りが多いのかな という感じを受けます。
グロゾブの購入者の多くが
高齢者というところからの発想でしかありませんが・・・・。

やはり、全国にある郵便局というのは
販売の面から考えても強いですね。

ゆうちょ銀行も忘れないようにしておきます。

関連記事
ゆうちょ銀行で取り扱ってる投資信託
日興五大陸債券ファンドについて

テーマ : 資産運用について - ジャンル : 株式・投資・マネー

Tag : ゆうちょ銀行

         

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。