スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

投資信託のランキングについて

今回は、投信のランキングについてお話していきます
ランキングをどのように投資に結びつけるかということですね。

投資信託のランキングには、雑誌や新聞で1カ月や1年という短期的な投資信託のランキングが掲載されますが、短期的な騰落率にこだわることは投資信託のランキングでは禁物と思います。

良かったものが悪くなり、悪かったものが良くなるのは、この世の常でありますし、特に投資信託のランキングは大きく変化します。

5年前に投資信託のランキングで上位半数に連続ランクされたファンドのうち、5年後の今も上位半数を維持している優秀なファンドは11本のうち1本しかないという統計もありますので、あまり目先の投資信託のランキングに拘るのは危険と思います。

カテゴリ分類からどんな投資信託のランキングがあるのか見てみますと、短期運用の運用成績ランキング・長期運用の運用成績ランキング・最も広く保有されているファンドはどれかというランキングなど様々です。

ネット上ではいろいろなサイトで投資信託のランキングを発表しているものが数多くあります。代表的なサイトとして価格.COMでは、販売会社の人気投資信託ランキング・週間アクセスランキングなどがあり、テーマ別ラインアップ・分類別ラインアップなどで投資信託をわけて紹介しています。

また、モーニングスターというサイトでは様々なファンドの格付け情報や最新の投信業界の動向などがランキング掲載されています。どのようなものでも投資信託のランキングの見方としての注意点は、ランキングはある一定期間の騰落率をベースにしていますのでこのランキング評価がファンドの良し悪しと直接つながってはいないということに留意してほしいと思います。

投資信託にも流行のテーマがあります。
たとえば 毎月分配型だったり BRICSなどの新興国の株に投資するもの
最近では 中東関連(MENAとか)でしょうか

投信のランキングには注意が必要ですよ
ランキングが1位だからといって過去のリターンを保障してくれるものではありません
あくまで過去の結果によるランキングなのです
売れてるからとか過去のリターンがいいからという理由で投資をしてはいけません

ランキングよりもその投信はなにに投資しているのか なぜそのリターンを
あげたのか?

それを考えることが必要ですよ

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。