スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

日経平均は6,000円を目指すのか

20日の東京株式市場で日経平均株価が前日比100円以上下落し約4カ月ぶりに7500円を割り込んだ。終値は141円27銭(1.87%)安の 7416円38銭で、バブル後の最安値である昨年10月の7162円90銭に約250円の水準まで下がった。前日の米ダウ工業株30種平均が6年4カ月ぶりの安値を付け軟調な展開となった流れを受けた。

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090220AT2D2002P20022009.html から引用

早くも6,000円割れ なんていう言葉もありますが
さてさてどうなるんでしょうか

円安傾向となってきていますね。

某大臣の失態で、日本売りで 円が売られて株が売られてる
んでしょうか?

円安は輸出企業にとってはいいですが
物価高の可能性もありますので
あまり行き過ぎると、景気の足を引っ張りかねません。

今月号のZAIでボロ株投資が取り上げられてましたが
そろそろボロ株の仕込み時期なのかもしれませんね・・・・。

って 素直にTOPIXのインデックスの方が
楽チン投資ですよね(笑)

さわかみ スポットで買うかな

その辺で悩んでおこう・・・。

テーマ : 理解を深めながら資金を増やそう - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。