スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

日興五大陸債券ファンドを考えた 第3回目

今日は、週次レポートと月次レポートから
日興五大陸債券ファンドについてみていきましょう

http://toushinokokoroe.blog116.fc2.com/blog-entry-7.html
日興五大陸債券ファンドについては、別に書いていますので
こちらも読んでいただけると幸いです

さて、週次レポートが 2008年10月24日現在
   月次レポートが 2008年9月30日現在 のものを
参考にしています。

9/30現在では、設定来4.73%だったのですが
10/24現在では、設定来マイナス11.55%と
この一ヶ月で約15%の下落となっています。


この原因は、なにかについて考えて見ましょう

レポートの中の
変動要因のところをみると
ユーロのマイナスがかなり大きなものとなっています

マンスリーレポートのなかのある
先進国マザーファンドをみてみると
通貨の内訳で ユーロが53.8%となっています

ユーロに関しては、
9月には、1ユーロ=150円前後で推移していましたが
10月になると急落して 1ユーロ=120-130円となりました

このユーロの急落が、ファンドを直撃したといった
形になるようですね。

週次レポートをみても
米ドル 43.7%
ユーロ 43.2% となっています

外国債券中心ですのでやはり
円高の影響をかなりうけますね。

米ドル、ユーロに関しても
まだ円高になるというような予想もありますので
基準価格は、まだ下がるかもしれませんね。

債券の動向よりも
為替に影響されることが多いかもしれません

最後まで、読んでいただいてありがとうございます

テーマ : 理解を深めながら資金を増やそう - ジャンル : 株式・投資・マネー

Tag : 日興五大陸債券ファンド 投資信託

         

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。