スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

不動産投資信託とは

今回は、不動産投資信託 よくREITと呼ばれますがそれについてお勉強していきます。
投資信託って 株や債券だけではないの?? 
とお考えの方もいらっしゃるでしょうね
REITは比較的新しい形の投資信託なのです

それでは見ていきましょう。


不動産投資信託とは、投資家から集めた資金等で不動産を所有し、管理・運営を行ない、そこから生じる賃料や売却益が投資家に配当される新しい投資信託の仕組みを不動産投資信託と言います。


これまでの投資信託では、投資対象は株式や債券など「主に有価証券」と決められていましたが日本では2000年11月に施行された改正投資信託法により不動産等を運用対象とする投資信託が認められるようになって不動産投資信託ができたのです。

不動産投資信託のメリットとしてあげられるのは不動産の賃貸料は定期的な収入であり、短期間に大幅に変動しないので投資家に支払われる分配金が比較的安定していることです、値動きが相対的に小さいことも挙げられています。
また、賃貸料などは物価とともに値上がりする傾向にあることからインフレに強いとも言われています。

不動産投資信託の問題点としては、第一に、金利上昇に弱い点が挙げられます。これは投資法人が不動産を購入するために借り入れを行うため金利上昇に不動産投資信託は弱いのです。
現在のような低金利においては借り入れを行っても金利コストは低く抑えられますが、金利が上昇すると金利負担は大きくなります。また、安定的な賃貸料収入が期待されると言っても、優良テナントがビルから退去したり、不景気によりテナントが入らない、賃貸料を引き下げなければならない、という事態もあり得ます。また、新しい商品であり、情報開示などの点でもまだ十分とはいえないということも不動産投資信託は問題があると思います。

いかがでしたでしょうか

不動産投資信託と漢字の多い名前がわかりにくくしているような気がします(笑)
簡単なイメージとして ビルオーナー(ビルの所有者)に投資していると考えてください。

あなたとあなたの仲間 家族とで 不動産屋さん(花澤不動産)に投資します
花澤不動産はそれを資金にしてビルを買います。
そのビルの中にあるテナントや住人から賃料をもらいます
そこから利益が出た分を投資家であるあなたに分配する という感じです

REITの利点や欠点については 上記に書いてある通りです

投資の際には、ご注意くださいね。

株式 債券などの伝統的な投資先と
商品 REITなどの 企画的新しい投資を 組み合わせて
リスクを分散させる ポートフォリオを作る というのが
最近の主流となっています。

ですので REITに関しても 知っておいたほうが得になりますよ。

テーマ : 資産運用について - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。