スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

アジアの時代?

今回は、アジア株投信について書いていきたいと思います。

アジアといっても、かなり広範囲になります。
インドも中国もアジアですね。

もちろん日本もアジアです。

それでは、どのようなものが人気があるのでしょうか?

アジア株投資信託では、
ベトナムをはじめとして、アジア各国の株の
投資信託が人気があるとよく言われているようです。

アジアの新興国の経済がこれから伸びそうだということに注目し、
今のうちに株投資をしておきたいと考えてる人が多いともいます。
しかし、投資する国や具体的な銘柄選びをする
判断材料となる情報もないし難しいと思っているかたが多いと思います。

そういう人達にとっておそらくアジア新興国の株を対象とする
アジア株投資信託に注目していただきたいですね

アジア広域を対象としたアジア株投資信託では
野村アセットの「アジア好配当株投信」が1ヶ月たらずで
残高が3千億円を越えたそうです。(2006年11月設定)

そんな中でも特に注目を集めているのが
ここ数年の経済成長率が8%前後と中国に次ぐ勢いのベトナム株ファンドでしょうか。
WTO加盟という追い風もあって去年から新ファンドが相次ぎ設定されています。

ダイワ・アジア新興国株ファンドはマザーファンドの受益証券への投資を通じて、
主として、中国(香港を含みます)・インド・
東南アジア・エマージング諸国に投資し、
信託財産の成長をめざすアジア株投資信託です。
株価に連動する有価証券を活用する場合がありますが、
保有実質外貨建資産について、為替変動リスクを
回避するための為替ヘッジは行なわないということです。

またこのアジア株投資信託のリスクは、
株式へ投資するリスク、価格変動リスク、
信用リスク、外貨建資産への投資リスク、
為替リスク、カントリー・リスクなどや、
その他解約申込みに伴なうリスク、
短期金融資産の信用リスク、
証券の組入れに時間を要するリスクなどが考えられますので、
十分考慮して判断しましょう。

個人的には、アジア特にアセアン地域に注目しています。
ベトナムに関していえば、ものすごい株価の下落にみまわれています。
バルブ経済だったのかもしれませんね。

アセアン地域は、中国との結びつきが地理的に強いですし
天然資源もあります。
また、近年オーストラリアとの経済関係強化にも力を入れています。

政情が安定し、アメリカ等の先進国の景気が回復してくれば
株価も持ち直してくれるのではないかと期待しています。

ベトナム1国とか投資はせずに、アセアン全体に投資する投信を買っています
たとえば、アセアン成長国株ファンド のようなものですね。

今年は、韓国と台湾に注目なって記事も読みましたね(笑)

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。