スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

海外のETFを見てみよう

前回は、国内のETFについて書きましたので
今回は、海外のETFのことをみていきましょう。

ここで、紹介する海外ETF(指数連動型上場投資信託とは、
各種海外株価指数への連動を目的に運用される投資信託で、
外国株式と同じように海外証券取引所に上場され、
海外証券取引所を介して売買されるものです。


つまり、東証などではなく、NASDAQなどの海外で上場されている
ETFのことになります。

残念ながら、日本はETF後進国なので 数が少ないですが
海外では、ETFの種類が豊富にあります。
ありすぎて、逆に迷ってしまいます。

一般の投資信託の場合は、
その日の基準価額でしか買付・解約申込みを行なうことができませんが、
海外ETFの最大のメリットは「株価指数に連動することを目的に運用されている
というわかりやすさ」や「分散投資のメリット」を備えつつ
通常の外国株式と同じように市場での指値注文が可能な点です(海外委託取引の場合)。

また大和証券では一部の銘柄については国内店頭取引も設定しています。

売買ルールも外国株式と異なる特別なルールはありません。
海外ETFのメリットは株価指数への連動を目的に運用されるため値動きがわかりやすく、
相場を見ながらリアルタイムで売買が可能です。
一般の投資信託と比較して信託報酬が安く設定されており、長期投資にも適しています。
幅広い銘柄への分散投資が行われますので、
個別株式への投資と比較して、リスクの分散が期待できます。
などが海外ETFのメリットとして上げられます。

海外ETFに投資する際の注意点として、
前にも述べた為替リスクの存在に加え、情報の少なさが挙げられます。
日本語での情報を得ることが難しい商品もあるため、
初心者の方にとっては数ある商品の中から自分に合う商品を選ぶことが難しいことです。
そのため、まずは分散効果が
高い複数の国の市場に連動する商品
から始めてみるのがお勧めです。

徐々にETFが広がりを見せる中で情報も充実していくと思います。

海外のETFの取り扱いに熱心なのは、楽天証券とイートレード証券でしょうか。

海外ETFは、外国株式と同じ取り扱いなので
小額ですと手数料がかなり割高になります。
ですので、ある程度まとまった資金で買うのが手数料の
削減になると思います。

無難なところでは、MSCIコクサイをベンチマークにする投資信託に投資して
その後、海外のETFにスイッチという投資だとおもいます。

ちなみに、MSCIコクサイとは、アメリカのモルガンスタンレー証券が設定している
世界の先進国(日本を除く)の株式指数に連動する指数です。


日本を除いているので、手軽に国際分散投資ができます。

この、MSCIコクサイは 日本を除く先進国22カ国の上場企業で構成されてます。
日本を含めた分は「MSCIワールド・インデックス」
と呼ばれてますので御注意ください。

先進国のみで新興国がはいっていない、
時価総額で組み入れ比率を決めているのでアメリカの比率が高い等々 
ありますが、国際分散投資をする時には押さえておきたいと指数です。

取り扱い商品が多いのもお勧めの一つです。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

テーマ : 理解を深めながら資金を増やそう - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。