スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

ETFについて

今回は、ETFについて、日経225を参考にして見ていきましょう。

日経平均株価という言葉を、
ニュースで聞いたり、新聞でみたりすることが
あるとおもいます。

今は、下がっているというニュースばかりですが・・・(笑)

それでは、日経平均株価とはどういったものでしょうか?

日経225(日経平均株価)とは、
東京証券取引所第一部に上場する約1700銘柄の株式のうち
225銘柄を対象として算出する株価指数で、
東証株価指数(TOPIX)と並んで日本を代表する株価指数となっています。

日経平均株価と呼んだり、日経225と呼んだりしますが
同じものですので注意してくださいね。

日本経済新聞社が毎分、算出・公表しており、
著作権なども保有していますので、
「日経」を名称に冠しているのはこのためです。

次に、ETFについて見ていきましょう。

ETF(株価指数連動型上場投資信託)とは、
取引所で取引される株価指数連動型の投資信託のことを指します。
ETFとは、Exchange-Traded Fund です
この場合の Exchangeは取引所となります。


ETFの正式な名称は「株価指数連動型上場投資信託」です。

日経225に関するETFといえば、
日経225に連動するように作られた取引所で取引できる投資信託です。

普通の投資信託との違いは、上場しているというところです。
つまり、ETFは、ほぼ株式と同じように取引をするということです
ですので、証券会社から買い注文 売り注文をだします。

具体的な銘柄としては、
ダイワ上場投信-日経225(大和證券投資信託委託)
日経225連動型上場投資信託(野村アセットマジメント)
iシェアーズ日経225(バークレイズ・グローバル・インベスターズ)
上場インデックスファンド225(日興アセットマネジメント)などがあります。

ETFもインデックス型の投資信託も同じ指数に連動するもので
あるなら値動きはほぼ一緒です。

違いは、ETFのほうが単価が大きいというところです。
ETFが大体10万円くらいからの投資になりますが
インデックスの投資信託は、1万円からできます。

ですので、どれを選ぶかは、手数料や自分の手持ちの証券口座などによると思います。

当然のことながら、投資家の皆様の投資元金は保証されているものではなく、
市場取引価格または基準価額の下落により、損失が生じることがあります。

投資は、自己責任ですよ(笑)

インデックス投信を積み立て→ある程度まとまったら ETFに乗り換え
というのが、最近よく紹介されている方法ですね。

信託報酬が、ETFのほうが安いので、長期にもつにはETFのほうが有利だからですね

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

テーマ : 理解を深めながら資金を増やそう - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

COMMENTS

No title

こんにちは!遊びに来ました。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。