スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

投資信託の種類

さて、今回は 投資信託の種類についてお勉強していきましょう。

投資信託の種類は、運用対象によって大きくわけて2種類です。
株式投資信託と公社債投資信託という種類になります。

まずは、株式投資信託からです
株式投資信託という種類は一般に、株式を組み入れて運用することができる投資信託を言います。株式を中心に、債券やCD・CP、コールといった短期金融商品も運用対象となりますが約款上は株式を組み入れることが可能な投資信託でも株式を組み入れないで運用する種類もあります。
買付けで分類すると、一定期間しか募集しない単位型と、いつでも購入できる追加型の種類があります。

次に、公社債投資信託です
公社債投資信託という種類は、株式を一切組み入れず、国債や社債といった公社債を中心に、短期金融商品も運用対象とする投資信託の種類です。
MMFや中期国債ファンドなどのようにお金の必要な時に当日に換金ができる種類のもの、または1年複利効果が期待できるもので期間が自由なものなど、好収益に加えて使い勝手に優れた便利な種類がいろいろ揃っています。緊急な事態のために備えたお金や、近い将来使う予定のあるお金などの運用に最適な投資信託の種類と思います。

株式投資信託では、値動きが大きくもっともリスクの大きい商品といえると思います。日本株に投資するものと外国株に投資するものとがあります。
大幅な値上がり益を得ることも出来ますが、大きく損失を出す恐れもあるというのが株式投資信託の特徴です。公社債投資信託はその性質上、値上がり益を狙うというよりも利息収入を重視する商品なので値動きが小さいぶんリスクも小さくなります

まとまめると
投資信託には おおまかにわけて2種類ある
①株式投資信託
名前の通り 株式を組み入れて運用する投資信託。
ただし 全部株式で運用しなくてもよい。
買いつけ(購入)の場合 単位型(クローズ)と追加型(オープン)がある。
大きな値上がり益が狙える半面大きく損する可能性もある

②公社債投資信託
名前の通り 公社債等で運用する投資信託
株式は一切いれない
利息で複利で増やすのに適している

こんな感じでしょうか

まずは、自分の手元にあるお金をどのように運用していくかで
投資先が変わってきます

来年使う予定のお金を 株式型投信にいれると・・・・・
値が下がって損してしまうかもしれません。

それでしたら 公社債型のほうが 安全だとおもいます。
残念ながら 元本保証ではないので 損する可能性はありますので 
注意してください。

いかがでしたでしょうか?
今回は 投信の種類についてお勉強しました。
おわかりいただけましたでしょうか

不動産投資信託(REIT)については、また別にお話しますね。

あなたのお役にたてれば幸いです。

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。