スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

投信にも、クラウドか

需要に応じて発電量を調節する次世代送電網「スマートグリッド」やネットワーク経由でソフトウエアを利用する「クラウドコンピューティング」など、次世代技術をテーマにした投資信託が相次いで登場している。新技術に強みを持つ日本企業に加え、成長性が見込まれる新興国のインフラ関連企業も投資先とする予定で、関連の個別銘柄にも関心が集まりそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100625-00000003-fsi-bus_all より 引用

日興UBS世界スマートグリッド・ファンド
野村クラウドコンピューティング&スマートグリッド関連株投信
DIAMニッポン新産業革命ファンド

の3本が紹介されています。


野村クラウドコンピューティング&スマートグリッド関連株投信の商品説明を
見てみると・・・・。

米ドル 91%!!

国内企業ではなく、海外企業がメインになるようです。

ちょっと
ナスダックとかが
かなり回復をしてきている局面で
どうなんだろ・・・
というきはしますが
投資銘柄をみてみないとなんともいえないですね・・・。

ハイテク株投信と
なにがちがうんだろう?

ちょっと様子をみてからでも
遅くはなさそうですね。


テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

Tag : 投資信託

         

COMMENTS

No title

いつも参考にしております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。