スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

まずは 投資信託の仕組みから

投資信託ってよく聞くけどなんなんだろう?
最近友達がはじめたらしんだけど 詳しくわからなくて 聞き流してしまった・・・・。
投資信託って どう得なの? 株とかと比べて?

最近よく聞く 投資信託 投信 REIT・・・・。
わからないままじゃ 投資できませんよね
貴重なお金を投資する前に しっかりとお勉強していきましょう♪

今回は、投資信託の仕組みからです。

投資信託の仕組みは、投資家から集められた資金をもとに販売会社・運用会社・管理会社の3者が役割を分担し、効率的に運用されている仕組みを投資信託といいます。
投資信託の募集・購入や換金、および分配金・償還金の支払いなどは、証券会社で行う仕組みとなり、証券会社では投資信託に関するさまざまな質問や相談も受付けています。
個人投資家と投資信託をつなぐ窓口となっています。
運用会社が直接投資家に投資信託を販売することもあります。
また、銀行、信用金庫、信用組合、保険会社などでも投資信託を購入できる仕組みに法改正がなりました。

次に、運用会社である投資信託会社などで、その資金をもとにファンドを組成し、管理会社へ運用の指図を行う仕組みです。
管理会社である信託銀行などで投資信託は、運用会社の指図をもとに受託した資金を株式や債券などに投資し、資金の管理を行います。
このように運用によって得られた収益は、販売会社などを通して分配金や基準価額へ上乗せされた形で、最終的に投資家へ還元される仕組みとなっています。
長引く超低金利と将来受取る年金や退職金に対する不安がある時代でもお金を「貯める」だけでなく、「殖やす」ことも大切なことと思います。
今まで「殖やす」ことに興味がなかった方も確定利付きの預貯金に加え、将来に向けて中長期的な運用に適している投資信託の仕組みを利用して、バランスのとれた資産作りを考えてみるのもよいのではと思います。

まとめると

投資家(みなさん)のお金を
証券会社等の販売会社が窓口となり お金を集め
運用会社が その集めたお金で 投資信託の運用方針に基づき
管理会社で運用の指示をして
管理会社が投資をし、お金の管理を行います。

そして 収益は管理会社は販売会社をとうして 最終的に 
投資家(みなさん)の元に分配される という仕組みです。

いかがでしたでしょうか?
私なりにしらべた 投資信託についての仕組みです。
今回のところは ご理解いただけましたでしょうか?
なかなか 理解しにくい部分のある 投資信託などのお金の部分ですが
老後やこれからの世の中を考えると しっかりと理解しておいたほうがいいと思います。

これから 記事を書いていきますので一緒にお勉強していきましょう

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。