スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを分解

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
第2期目の運用報告書が届きました。

そこで
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
投資しているものを見ていきましょう。

基本的に 株式:債券=50:50 です。
資産比率は 2008/12/30日付です
そして、ファンズオフファンズです
その割には、信託報酬が安いのはいいです。

株式
U.S. 500・ストック・インデックス・ファンド (S&P500) 約21%
ヨーロピアン・ストック・インデックス・ファンド (MSCIヨーロッパ・インデックス) 約13%
ジャパン・ストック・インデックス・ファンド (MSCIジャパン・インデックス) 約5%
パシフィック・エックスジャパン・ストック・インデックス・ファンド
(MSCIパシフィック・エックスジャパン・インデックス)      約 2%
エマージング・マーケット・ストック・インデックス・ファンド
(MSCIエマージング・マーケット・インデックス)        約4%

債券
U.S.・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド   約 20%
ユーロ・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド  約 20%
ジャパン・ガバメント・ボンド・インデックス・ファンド 約 10%

                                 

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 理解を深めながら資金を増やそう - ジャンル : 株式・投資・マネー

Tag : セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

         

ジョインベスト・グローバル・バランス・ファンド

ジョインベスト・グローバル・バランス・ファンドを分解してみた

ジョインベスト・グローバル・バランス・ファンドは 3個のファンドに
投資をしています(ファミリーファンド方式です)

■中央三井日本株式マザーファンド (TOPIX)
■中央三井外国株式マザーファンド (MSCIコクサイ指数(円ベース)
■中央三井外国債券マザーファンド (シティグループ世界国債インデックス(除く日本、ヘッジなし・円ベース)


()内が指数です。

各それぞれに 約33%投資します。

新生・4分散ファンドは、この3個に中央三井日本債券マザーファンド かはいって
それぞれに約25%づつ投資するものです。

それに リートを加えると
ベスタ・世界6資産ファンド となるみたいですね。

ファミリーファンド方式というのがあります。
この方式は、投資家が投資する投資信託=「ベビーファンド」が、
その資金を「マザーファンド」に投資して、
実質的な運用を行う仕組みです。

ファンド・オブ・ファンズ方式と似ていますが
ファミリーファンド方式の
マザーファンドは信託報酬が徴収されません。

ですので、信託報酬が低めなんですね。

ジョインベスト・グローバル・バランス・ファンド
マザーファンドの指数からわかるように
先進国中心です。

新興国も組み入れたいなら
別のものということになるでしょうか

■中央三井外国株式マザーファンド (MSCIコクサイ指数(円ベース)の
変動がすごいことになっているので
ファンドの下落要因はこれですねえ

まあ 3つとも よく下がっているけど
外国株式のほうが際立って下がってます。

そうかんがえると、日本株はまだ少し
割高なのかもしれないですね。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

Tag : ジョインベスト・グローバル・バランス・ファンド

         

グロソブついに・・・・。

1/20 本日付けの日経新聞にも掲載されていました。
グロソブついに分配金を下げますね。

国際投信投資顧問は19日、同社の旗艦ファンドで、国内最大の公募投信である「グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)<通称:グロソブ>」 62002137JP.LPの月次分配金額(=1万口あたり)を、40円から30円に引き下げた。2001年1月に60円から40円に変更して以来8年ぶり。

http://jp.reuters.com/article/domesticEquities/idJPnTK023564620090119

正直な感想としては、
分配金を下げるのが意外とおそかったなという感じです

国際投信投資顧問のHPでは
分配金を下げた理由について
書いていますね。

解約が増えるのは避けたい状況
ですから このレポートはしかたのないところでしょう。

内部留保を増やすと
分配後の基準価格の落ちも
同じだけ減らないんですね。

当たり前といえば、当たり前か・・・。

グロソブの分配金の多くは
為替差益によるところが 大きいので
円高局面では 分配金の下げは仕方がないでしょうね。

1月19日現在で 基準価格が 6,154円 となっています。
総資産が 約 4兆5000億円

最後まで、読んでいただいてありがとうございます

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

Tag : グロソブ クローバル・ソブリン・オープン

         

ビックカメラが??

おっととと
明日はストップ安か
値がつかずか・・・・・。

家電量販店大手のビックカメラは16日、08年8月期連結決算を訂正したと発表した。池袋本店ビルなどの売買を巡り、証券取引等監視委員会から不適切な会計処理があったとの指摘を受け訂正した。その結果、最終(当期)利益は41億円の黒字から21億円の赤字に転落する。東京証券取引所は同日、決算訂正を受けてビックカメラ株を監理銘柄に指定した

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090116-00000112-mai-bus_allより引用

家電量販店セクターは
これをうけて明日は売りでしょうかね・・・・

ヤマダ電機下がるかなー(笑)

手が届きそうなとこまできたら
少し買っておきたいんですけどね

明日は様子見かな

円安傾向でNYも上がってるから
明日は日経平均も上がりそうですしね

テーマ : 株式投資 - ジャンル : 株式・投資・マネー

Tag : ビックカメラ

         

子供のお年玉

新年ということで
子供をつれて年始に挨拶に行くと
そそ
お年玉をもらいますよね。

愛娘は2歳ですが
結構もらいまして・・・・。

まあ いろんな人にあったからでしょうけどね

親の分と合わせまして
2万円 ありました。

というわけで、児童手当と同じマネックスの口座に
入れて、投信の買い付けをしました。

年金積立インデックスF海外債券へッジなし
年金積立インデックスF海外新興国株式
を各1万円ずつ。

年金積立インデックスF海外新興国株式なんて
6ヶ月で基準価格が半額ですからね

ここは、買っておいても大丈夫でしょう。

長期の積立まったり投資なので
目先の変動には、動じないつもりですが
基準価格のチャートをみると
ちょっとゾッとしますよね。

為替の影響もあるとはおもいますが
この下がり方はすごいです。

まとまったお金が必要になるのは
まだまだ先なので
じっくり育っていってほしいと思います。

子供も子供のお年玉も

大きくなったら こんなところから
お金の話ができるといいなあ(笑)

テーマ : 父ちゃんの育児 - ジャンル : 育児

Tag : 投資信託 お年玉

         

投資初心者が注意すること書いていきます。

日経平均の下落を受けて
ネット証券で口座を開く人が
増えているようですね。

まだ、時期ではないと売買している
人は少ないようです。

今回は、投資初心者が注意すること書いていきます。
特に株式について書いています。
投資信託も中身は、株式であったりするので
投信に投資するときにも
参考になると思います。

初心者が注意すべきことは、情報(ニュースや掲示板など)
を鵜呑みにしないこと。

書籍やインターネットでのハウツーとういかテクニック
を丸呑みしてしまうと、大抵ひどい目に遭います。

続きを読む »

テーマ : 理解を深めながら資金を増やそう - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

2009年の投資戦略

年明けですので
個人的な投資戦略について
書いていきたいと思います。

2009年ですが
1月にオバマ大統領就任ですね。
日本では、衆議院選挙が
行われます。

オバマ新大統領の期待で
就任までは、比較的堅調に推移すると
考えます。

その後は、期待通りなのか
期待を裏切るのか
によって株価の反応が変わってくると思います。

日本の場合は、政権交代するのか
どうなのか 政治的によくわからない部分がありますので
外国人投資家が買いにまわるかどうなのか
ちょっとわからないですね。

今年前半は、よくなりようがないと思うので
積み立ては継続して
現金保持にしようと思います。

しかし、日経平均は7,000円を底かどうかを
確かめにくる動きが2月くらいに出てくると
予想してその近辺では、積極的に買っていきたいと思います。

新興国については、
中国、韓国等のアジアを中心に投資して
いこうとおもっています。

先進国は、インデックスでまったり投資を継続です。

円高局面は、しばらく続きそうなので
米ドルMMFと豪ドルMMFを
ある程度購入していくようにいたいです。

米ドルMMFは、アメリカ株に投資するのもいいかな
なんて思っております。

今年は、株よりも通貨(MMF関係)の
投資を増やしていければな なんて考えております。

2009年の投資環境は、よくはないと思いますので
のんびり2010年以降の回復に備えて種をまいていくような
投資ができればいいとおもいます。

また、自分自身の投資力もつけていかなければな
とも考えてますので
しっかり勉強していこうとおもいます。

最後まで、詠んでいただいてありがとうございます。

テーマ : 理解を深めながら資金を増やそう - ジャンル : 株式・投資・マネー

Tag : 2009年の投資戦略

         
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。