スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

投資顧問とは??

今回は、投資顧問について書いていきます。

投資顧問といわれて思い出すのは
長者番付で、全国8位とベストテン入りした タワー投資顧問 の運用部長さんを
思い出す人も多いのではないでしょうか?

それでは、投資顧問とはいったいどのようなことを
おこなうのか見ていきましょう。

投資顧問とは、投資家に、株式や債券などの有価証券についての
銘柄、数量、価格、売買の時期など投資判断についての助言する業務がそれです。


投資顧問業にも2種類の業務があります。

1.投資助言業務は投資助言のみを行う業務です。
投資判断は投資家自身でおこなうことになります。
投資顧問契約はしないことになっています。


2.投資一任業務は
投資判断と投資に必要な権限を投資家より委任されておこないます。
投資顧問契約を結びます。


次に、投資顧問会社について見ていきましょう。

投資顧問会社とは、
証券投資(株式や先物や債権など)などに関するアドバイスをする会社のことです。

株式や債権などの有価証券に対して
銘柄や価格や数量など投資判断を有償で投資家の助言を行うことをします。
投資信託や投資法人を運営する会社に資産運用のためにやるべき事を一任することを言います。
お客様と投資顧問会社との間で「投資顧問契約」を結び、
その契約内容に基づいてアドバイスを提供する仕事のことを投資助言業務と言います。

実際の投資判断や売買、資産運用などは
アドバイスを基にお客さん自身でおこないます。

投資判断の全部または一部、
そして売買注文など資産運用をお客様に代わっておこなう仕事のことを
投資一任業務と言います。

お客様は投資一任業務をしてもらう投資顧問会社と
「投資一任契約」を結び、報酬として投資顧問会社に投資顧問料を支払います。

昔、個人投資家を相手に投資顧問会社が詐欺行為を行った経緯から、
現在では投資顧問業法に基づいた登録が必要となっています。

投資顧問会社は
1.顧客を相手方として又は顧客のために証券取引行為を行うこと。
2.投資顧問業者と密接な関係にある者が、いかなる名目によるかを問わず、
顧客から金銭・有価証券の預託を受けること。
3.顧客への金銭・有価証券の貸し付け、
又は貸付の第三者への媒介、取次ぎ、代理を行うこと。
は法律で禁止されています

相場をみていると いろいろ不安になってくることがあると
思います。
これを買っていんだろうか?
これはこれから上がるんだろうか? と
そのような時に、投資顧問会社などの助言を聞けるのは
メリットだと思います。

ただし、ただではないので(笑)
料金に見合うかどうかというのも大切ですね。

また、その助言を鵜呑みにせず 自分で調べる事も
必要だと思います。

何度もいいますが、投資は自己判断ですよ。

あなたの投資に参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

ブラジル レアルが今熱い??

ユービーエス・グローバル・アセット・マネジメントが設定し、
野村証券が販売している
「UBSブラジル・レアル債券投信(毎月分配型)62006680JP.LP/同(年2回決算型)62006681JP.LP」2本に大量の資金が集まっている。

 この2本のファンドは7月17日設定で、当初設定額は毎月分配型が768億0522万円、年2回決算型が209億9521万円。設定前の募集段階で約1000億円を集めた。設定当日以降も個人投資家からの購入申込みが相次ぎ、野村証券では22日から同ファンドの販売を停止した、という。

 23日現在の2本のファンドの純資産残高は、毎月分配型が2096億9200万円、年2回決算型が549億9300万円。基準価額は毎月分配型が1万0254円、年2回決算型も1万0254円となっている。


http://jp.reuters.com/article/domesticFunds/idJPnTK016251220080724
ロイターの記事より引用

先日 ブラジルでは利上げをして 政策金利が13%になりました。
設定前の募集段階で 1000億円をあつめたというのはすごいですね。

ブラジルといえば、BRICSのなかでも今最も注目されているんではないでしょうか
国債も、投資適格まで格上げされましたし、上記の通り 金利も13%です。
また、穀物価格の上昇も農業大国ブラジルには追い風です。
もちろん 鉄鉱石などの鉱物資源もですね。


去年あたりまで、注目されていたインド 中国の株式市場が軟調であるので
個人投資家の投資先としてブラジルが注目されてきているようですね。

しかし、3日で販売停止とはすごいですね(笑)

個人的には、はやりもののような気がしますけどね。
新興国の成長は、間違いないでしょうが
リスクが高いのも事実です。

今年の中国しかり ベトナムしかり・・・・。

分散投資ということで、ブラジル等に投資するのはいいですが
今 ブラジルがいいみたい!! と理由で
かわいい金をブラジルまで旅させるのは どうかと思いますよ。

私ですか?
買ってませんよ(笑)

新興国全体に投資するのインデックスファンドと
中国株投信を今月は買いました。

たいした金額ではないですけどね。

テーマ : 理解を深めながら資金を増やそう - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

ドルコスト平均法って?

今回は、ドルコスト平均法について書いていきます

ドルコスト平均法とは、
値動きのある商品を一定の金額で継続して購入し、
価格変動リスクを分散する方法を言います。


定額購入法とも言います。
ドルコスト平均法のやり方は簡単で、
定期的に決まった金額を購入していくことによって、
資産を積み上げていきます。

定額でなく同じく口数を買っていくのもドルコスト平均法ですが
同じ口数を買うのは、ドルコスト平均法の有利な部分を消してしうので
定額にしましょう

なぜこの方法が良いかというと、
(投資信託であれば)基準価額が上がっていると少ない口数、
下がっていると多い口数が買い付けられ、
安いときに平均するとたくさん買うことになるからです。

ドルコスト平均法の利点はこの方法で
「一定の金額で」商品を継続的に購入すると、
価格が高い時には購入できる商品の数量が少なくなり、
安い時には多くなり、購入平均コストが安定します。

これにより、「一定の数量」を継続的に購入する事に比べて有利であるとされることですまた、ドルコスト平均法の欠点は
「一度に買い付けるよりも、ドルコスト平均法で買った方が購入単価が安く出来る」
と誤解されることがありますが、数学的・理論的に誤りであることです
(正しくは高値で買ってしまう
リスクは低くなるが平均購入単価の期待値は変わらない、
或いは投資機会を逃すという意味で不利になります)


意外に、上の文章は大切な部分ですので覚えておいてください。

すなわち、ドルコスト平均法というのは
ある期間(積み立てはじめから積み立て終わり)までの
単価の平均値であるということですね。

しかしながら、このような誤りを記載した投資本も見られます。
また、投資目的の場合は、同じ商品を集中的に購入する事にもなり、
リスクの集中につながる場合もあります。
ドルコスト平均法を実践するには自動積立などのサービスを利用することになりますが、資金があれば知らない間に買付が行われます。

投資をする時もどうしても感情に支配されてしまうのが、人間の心理です。


コツコツと根気よく買い続けられる
ドルコスト平均法は自動積立のような機械的な買付は有用です。

相場が上がっても下がっても同じように買うのは自分ではなかなか難しいからです


ドルコスト平均法ですが、有利 不利 いろいろな意見があると思います。
あくまで、投資手法なので使い方によって有利にも不利にもなるとおもいます。

機械的に自動で積み立てる事ができるというのは、かなり有効だとおもいます。
何も考えずに、毎月一定金額買付できるので 感情の入り込む余地が無いからですね。

ドルコスト平均法を有利に働かせるには、長期的にみて右肩上がりにあがって
いくものに投資することだとおもいます。
もしくは、急落したあとの上昇相場に対してでしょうか

色々な意見がありますので、投資される際には、参考にしてみてくださいね。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

テーマ : 理解を深めながら資金を増やそう - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

グローバル・ソブリンについて

毎月分配型ファンドについて 書きましたので
今回は、具体的な商品からみていきたいと思います。

毎月分配型ファンドといえば、グローバル・ソブリンですね
純資産約5兆円の超巨大投資信託です。

なぜ、ここまで大きくなったのか?
それは、毎月分配であること(年金受給者にはありがたい)
投資対象がわかりやすい(国の国債や格付けA格以上の政府機関債などが投資対象)
というわけで、販売会社が販売しやすかったという事があけられます。

分配金は、ここのところずっと40円(税引き前)となっております。
基準価格は、順調に下がっていて 7月17日時点で 7,531円です。

それでは、コストを見ていきましょう
販売手数料は、販売会社によって決まります。
イーバンク銀行などは、手数料0円です

信託報酬は年1.31% 信託財産留保額は 0.5% となっています。

分配金には税金がかかりますので 税金を引かれると 32円になります。

2006年 7-17で 基準価格 8,168 円 ですので 
マイナス 637円 
分配金が 32円x12ヵ月 384円 TOATL マイナス253円 となります。

分配金だけで考えると 年4%程度の利回りということになりますので
年金等で暮らしている人には、いいとおもいます。
基準価格を見ないほうがいいとは思いますけどね。

が、これから投信で資金をためていこうというひとには不向きです。

なぜか?

①基準価格が順調に下がっている。
この状況では、分配金を考えても資産は目減りしている
②信託報酬が高い
基準価格がさがっている上に、さらに信託報酬を引かれてさらに
資産が目減りしている。
ゆうちょ銀行の日興 五大陸債券ファンド(毎月分配型)では
信託報酬は 1.05%となっている。
③投資効率が悪い
分配金を支払うために、投信は保有資産を一旦売却して、現金化しなければならない。
また、毎月支払われる分配金からは税金が引かれます。
もしその分配金を再投資したとしても年一回分配型の商品比べて複利効果が低下する。
という事があげられます。


外債ファンドなら インデックス型をお勧めします。
個人的には、マネックス証券にて
日興 年金積立インデックスファンド 海外債券型 を購入しています。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

テーマ : 資産運用について - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

人気の分配型ファンドについて

今回は、毎月分配型の投資信託のメリット デメリットについて書いていきます。

今、日本で一番純資産の多い投資信託は
毎月分配型の グローバル・ソブリンです。

それでは、毎月分配型ファンドとは、どのようなものでしょうか?
毎月分配型ファンドとは、分配金を一定金額、支払う運用方針で行われるものです。
最近では年金受託者を対象とした
年金受給のない奇数月ごとに分配金が支払われる投資信託も多く開発されています。

最近開発される投資信託のほとんどは毎月分配型ファンドで、投資家にも人気のようです。

毎月分配型ファンドは長期運用による資産形成には不向きであることに注意が必要です。

分配型ファンドのメリットとしては毎月分配されるため、
その金額(配当金)が減らない限り運用がそれなりに
上手く行っているのかどうなのかが比較的判りやすいことと、
年金世代には生活費の足しとして使用できるというがメリットとされています。

短期的にある程度の収益が期待できることもあります。
毎月1回配当を手にするため、配当を再投資するタイプのファンドのように、
不測の事態に陥って、再投資した分を含めて基準価額が値下がるなどのデメリットもありません。

ただし、分配型ファンドのデメリットは運用資産から毎月一定額の収益を引き出すため、
運用効率はどうしても落ちる点にあります。

配当や利払いの時期が上手く分散できれば良いのですが、3、6、9、12月に集中しているので、
その間の月の投資が出来ない分、利回りが下がるということです。

また、元本の収益性がよくわからなくなるという問題点があります。
毎月分配型ファンドを保有していると、毎月の分配に一喜一憂してファンドの基準価額には目が向かなくなってしまいます。

しかし、一部の運用会社では、短期的に人気を集めるためにかなり無理に分配金を払いつづけ、
結果元本部分が減ってしまっていることが
分配型ファンドにはあるという事情は知っておいた方がいいでしょう。

理想的なのは、分配金を払っていても基準価格が上がっているものですね。

毎月分配型で多いのは、外債に投資するものだと思います。
ですので、為替相場に左右される面がかなりありますので
リスクは結構高いと思いますので注意してくださいね。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

テーマ : 理解を深めながら資金を増やそう - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

運用報告書を読んでみよう

今回は、投信信託の運用報告書について書いていきたいと思います

投資信託の運用報告書とは、どのようなものでしょうか?

投資信託の運用報告書とは、購入したファンドがこれまでどのような運用がなされ、実績はどうだったのか、
また、現在の経済・金融情勢を踏まえ、今後どのような方針で運用されていくのか、などを詳しく説明したものが運用報告書といわれるものです。


ですので、 運用報告書を見れば 購入した投信が 期間中どのような運用をされ、
その結果どうだったのか
そして。今後どうして行くのかが書かれています。

運用報告書は各ファンドの決算期ごとに発行されます。

投資信託運用報告書の内容は、運用実績、分配金、投資環境、運用経過と基準価額の推移、今後の運用方針などの説明です。
それから、費用の明細、組入銘柄、主な売買銘柄、損益状況などについても図表が載っています。

運用報告書には、過去のパフォーマンスの推移が表示されており、ベンチマークと比較することができます。
ベンチマークより好パフォーマンスかどうかをここで確認することでファンドの動向が分かります。
インデックスファンドはベンチマークと同じ値動きを目的としており、アクティブファンド はベンチマークを上回ることを目的としています。


運用報告書には、これ以外に運用経過として、
実際の運用成績はどうであったか、ということとその理由について説明されています。

ここでパフォーマンスが良いに越したことはありませんが、偶然の成績である可能性もあります。
逆に、現在の成績がさほどよくなくても、長期的に好パフォーマンスの可能性を秘めているものもあります。

投資信託運用報告書で意外に見落とされがちですが、純資産残高の推移も重要ですよ。


長い間人気ファンドといわれているものは、
そのファンドにほれ込んで長期で保有している人もいますが、
新規で買う人も多いので、残高が徐々に増えていて、安定感があります。

運用報告書は、インデックス型よりもアクティブ型を持っている人に重要な意味があります。
インデックス型は、ベンチマークとほぼ同じ動きをしますので
銘柄とかには、関係なくその指数が動いた原因がそのまま運用成績に反映されます。

しかし、アクティブ型は そのベンチマークを上回った理由 もしくは 下がった理由が
書いてあるわけです。

ファンドマネージャーの腕の見せどころとなってくるわけです。
当然 選んだ銘柄も重要になってきますね。

というわけで 保有している投信の運用報告書は
目を通しておくほうがいいですね。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

テーマ : 資産運用について - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

知って得する投信の税金

今回は、投資信託にかかる税金について
書いていきます。

税金について、知っておくことはとても大切ですよ。

投資信託に係る税金は大きく分けて2つです。

それは、
譲渡・解約・償還したときの損益にかかる税金と信託収益の分配を受けたときにかかる税金の2種類です。

日本では、ゼロ金利政策に代表されるような異常な低金利が長く続き、
個人の投資ブームより投資信託を購入する人が増えていますが、
投資信託の収益の確定申告はどうすればよいのか、そのポイントを見ていきましょう。

投資信託を購入すると収益分配金が得られます。
解約した場合には、分配金のほかに解約差益・償還差益や売却益が発生し、
それぞれ税制上の取り扱いが異なります。


また、投資信託の種類によっても税制上の取り扱いが異なります。
株式投資信託の収益分配金は受取り時に税金が源泉徴収されており確定申告は不要です。
株式投資信託を売却・解約した場合、あるいは株式投資信託が満期を迎え償還された場合などは、
収益分配金のほかに売却・解約・満期償還による損益が発生し、税制上の扱いが異なってきます。


公社債投資信託の収益の分配金は、所得税15%(ほかに地方税5%)の税率による一律源泉分離課税となります。
公募・契約型の株式投資信託の収益の分配金は、配当所得に該当しますが、
利子所得並の所得税15%(ほかに地方税5%)の税率による一律源泉分離課税の制度が採用されております。

特定株式投資信託の収益の分配金は、株式の配当と同様に、
20%の税率による所得税が源泉徴収され、総合課税の対象となります。

不動産投資信託の収益の分配金は、
株式の配当と同様に20%の税率による所得税が源泉徴収され、
総合課税の対象となりますが、株式配当と異なって配当控除の適用はありません。

なお、不動産投資信託の収益の分配金については、
少額配当の申告不要制度や源泉分離課税の適用があります。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

テーマ : 理解を深めながら資金を増やそう - ジャンル : 株式・投資・マネー

         
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。