スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

手数料でくらべる 投信の選び方

大まかに言うと投資信託には2つの手数料があります。
それは、販売手数料と信託報酬です。
(この他にも、信託財産留保金などがかかるファンドがあります。)

投資信託の販売手数料には、購入金額が大きくなれば手数料率を割り引く大口割引制のものがあります。
ただ、100万円以上とかなのであまり利用する機会はないと思います。

それでは、それぞれを見ていきましょう。

販売手数料とは最初に投資信託を購入するときにかかる手数料です。
例えば販売手数料1%のファンドを1万円購入すれば販売手数料は100円(プラス消費税)となります。合計105円ですね。
ですので、10,105円支払うことになります。

しかし、ノーロードファンドですとこれがかかりません。
ノーロードファンドとは、販売手数料がかからない投信です。

一方、信託報酬の方は保有期間と残高に応じて変わります。

信託報酬が年間1%のファンドを平均残高1万円で1年保有すると100円ですが、半年保有なら50円です。

また、信託報酬はファンドの資産から差し引かれるので投資家の方が直接支払う必要はありません。
ですので、手数料がかかってる感覚がないですが しっかり引かれていますよ。

投資信託を利用した個人の資産形成で成功する秘訣は、
買い増し時を大きく間違わなければ、言い換えたら、高値掴みしないで、なるべく市場が安くなっているときに買い増すように心がけたら、そして、信託報酬などの年間手数料をなるべく低く抑えられるか否かが鍵を握っていることになります。


個人の方が投資信託を利用して資産形成で勝利する場合は、
たいていは、ノーロード(販売手数料が無料)で、
なおかつ信託報酬を極力低く抑えられるか否かが、
10年20年後に勝利の女神にほほ笑んでもらえるための成功の秘訣なのです。


販売手数料は低く(手数料無料のノーロードが理想)、
信託報酬は提供されるサービスに見合った水準、
というのが投資家の皆様と同じ方向を向いて
ファンドを提供できる体系だと思います。

投信を買うときに、販売手数料には感心を持ちますけど
意外と 信託報酬はくらべないものです。

投資対象が、同じ投信でも手数料の差で当然リターンにも差が
できてます。パフォーマンスがそれほど変わらないのでしたら
当然 手数料が安い方がいいですよね。

信託報酬にも 注目して下さいね

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ : 理解を深めながら資金を増やそう - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

運用期間と中途解約について 投信の選び方

今回は、投資信託の運用期間と中途解約について書いていきます。

投資信託の説明の中に、運用期間というものがあります。
無期限だったり、無期限だけど上限○○億円だったりという条件がついてるものも
ありますよね。

特に期間を決めてない投資なのに、3年しか運用しない投信を買ってしまうと
また、3年後選びなおしが必要となります。

では、投資信託を運用期間で分類しますと、

①無期限ファンド
無期限ということで運用期間が定められていないファンドのことで、約款で定められている最低総資産以下にならなければ、ほぼ永久的に運用を行うものを無期限ファンドと言います。

②有限ファンド
運用期間に期限を設けているファンドのことで、定められた運用期限が訪れれば運用を終了します。そして投資家に分配を行います。
しかし、この運用期限は必ずしも絶対というわけではなく運用成績で運用期限の延長もしくは償還日の延長も行われることが多いものを有限ファンドと言います。

オープンファンドとクローズドファンドと勘違いしそうですが
また、違うのでしっかり理解してください。

そして、投資信託の中途解約手続での問題として、
売却益に対して税金がかかると言うことがあります。
投資信託を換金するときには個別元本を超えた金額(これを解約差益といいます)に対して税金がかかります。

このときに、「解約請求」と「買取請求」を選べるケースがあります。

「解約請求」と「買取請求」では税金の種類が違い、状況によっては金額も変わるので注意が必要になります。

まずは、「解約請求」から見ていきましょう
「解約請求」は、投資信託を「換金する」場合の一般的な方法です。
みなさんの投資している投資信託の持分を、投資信託から取り崩してお金に換えます。
この場合は、販売会社を通じて、運用会社に解約を申し込んで換金するということになります。

それに対して、「買取請求」は、みなさんの投資している投資信託を販売会社に売却するという換金方法です。

以前は、「解約請求」が多かったのですが、最近では税制上の優遇から「買取請求」を選ぶ人も増えているようです。
ただ、投資信託や販売会社によっては「解約請求」しか受け付けないケースもあるため、投資信託を購入する前に換金方法について確認しておくとよいと思います。


買取請求と解約請求については 下記 トヨタFS証券のページが詳しいと思います
http://www.toyota-fss.com/fund/buy_sell.html

税金の違いと説明しましたが、具体的には上記ページからの引用で
解約請求(解約益) 配当所得
買取請求(売却益) 譲渡所得 となります。
また、損益計算も違いますので注意してください。

いかがでしょうか
投信は有限ファンドと無期限ファンドがあるということ
投信を売る(途中換金)する場合には、「買取請求」と「解約請求」が
あるということがご理解いただけましたでしょうか?

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

テーマ : 理解を深めながら資金を増やそう - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

投信の選び方 運用タイプを分散させてみる

今回は、運用タイプの分散でリスクを軽減する方法を書いていきたいと思います。
投資の本なんかに、卵を一つのカゴに盛るな と書いてありますよね
あれのことです(笑)

では、投信でリスクを軽減するにはどうすればいいのか?
その方法として、運用タイプの分散というのがあります。

それでは、投資信託の運用タイプの分散によるメリットを考えてみましょう。

投資信託運用のタイプ分散によるメリットとして、
「分散投資」のメリットそのものがあげれれます。

例えば、1銘柄にだけ株式を購入すると、その株式の価格変動により収益が決まります。
2銘柄、3銘柄と分散投資するとリスクを軽減することができます。
これは株だけでなく、債券、投資信託でも同じく分散投資によるリスクヘッジのメリットが生じます。
この場合、分散の効果をだすには 同じ分野や業界でないのがいいですね。

ただ、一般に個人投資家が分散投資をしようとしても、資金面で限界があります。
このときに、投資信託では、多くの投資家から集めた資金で運用されるので、幅広い分散投資が可能になります。

また、投資信託の運用対象は、日本だけでなく世界に広がります。
そして、投資する金融商品も株・債券・為替・その他の金融商品がありますね。

投資地域・投資対象の金融商品の割合を割合を変えることでリスクとリターンが異なるさまざまなタイプのファンドを作ることができます。

投信の性格は運用方針、運用方針、運用対象によりある程度決まっています。
各ファンドごとにファンドの状況は公表されています。
投資家は多くのファンドのからリスクとリターンに応じて、ファンドを選ぶことができます。

リスクヘッジとは、リスクを回避したり低減する工夫をすることです。
単に「ヘッジする」という言い方もします

例えば、ちょっと高度ですが、株をたくさん保有している状況で、株式市場全体の下落がしばらく続きそうだと考えた時に、日経平均先物を売ったり、日経平均のプットオプションを買ったりすると、保有株が本当に下落した場合に損失をある程度相殺することができます。

また、割高と思う株を買い、割安と思う株を売って、買い建て金額と売り立て金額を同程度にするマーケットニュートラル戦略も、リスクヘッジ型の投資法の1つと言えます。

例えば、日本株に投資する投資信託は資本を全てトヨタ自動車に投資しているわけでは
ありませんね。
いろいろな銘柄に投資しています。
バリュー(割安)株型でもグロース(成長)株型でもです。

このように、投信に投資すること事態で 分散投資をしていることになります。

分散投資をしたいのであれば、なるべく同じ値動きをしないものがいいですね。
allabout
資産運用の理論VOL.4 分散投資と相関係数
http://allabout.co.jp/finance/assetmanagement/closeup/CU20040425A/
に、相関係数というのがあります。

相関係数が-1に近いもの同士を組み合わせることによって、分散によるリスク低減が実現できますね。

投資の際に、このような分散を考えてみるものいいかもしれませんね。

いかがでしたでしょうか?
分散投資というものについておわかりいただたでしょうか?

同じような値動きをするのもを買わない と考えていただいても
いいと思います。

最後まで読んでいただきまして ありがとうございます。

テーマ : 資産運用について - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

投資信託の選び方 格付け会社を参考に

今回は、格付け会社を利用して投資信託を選ぶ方法について書いていきます。

投資信託の選び方の一つとして、評価会社の格付けを参考にするということについて書いていきたいと思います。

投資信託を選ぶときにはいろいろな投資信託がありますから、その中から投資信託を選ぶというのは大変なことですね。
また、前回から書いている方法でえらんでみたけれど、それでいいかどうか迷ってる人も多いと思います。

そんな時には、投資信託を評価している第三者の会社がありますから、その格付けを参考にするということはとても投資信託を選ぶ上で参考になると思いますよ。
実は投資信託を評価会社の格付けをチェックして選ぶという方法は、アメリカでは昔からよく行われている方法だったそうです。

アメリカでは,現在も投資信託の格付けがとても盛んに行われているのですが、日本でも最近になって投資信託を評価する会社が増えてきました。
どのような評価をするかというと、投資信託のサービスやパフォーマンスなどを評価して格付けをしているんだそうです。

投資信託の評価というのはどこで知ることができるのかというと、インターネットなどで知ることもできますし経済雑誌などにも掲載されていることが多いようです。

やはり投資信託を選ぶときには、投資信託を販売してる人からの情報をそのまま受け入れるのではなくて、第三者から投資信託の評価を格付けしてもらって公平な立場の意見を聞くということが重要かもしれませんね。

これは、投信だけでなく ほかの買い物でもいえることですね。

投資信託の評価をしている機関は沢山ありますから、インターネットなどで検索してみて、投資信託の評価を参考にして投資信託を選ぶと失敗なく投資信託を選べるかもしれませんよ。

投資信託を第三者から評価した意見を参考にするのはとてもいい情報です。

評価会社として、有名なものは
モーニングスター社 http://www.morningstar.co.jp/
格付け投資情報センター http://www.r-i.co.jp/toushin/index.html
があります。

一度のぞいてみては、いかがでしょうか
なにか 発見があるかもしれませんよ。

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

         
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。