スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

投信の選び方 騰落率とベンチマークから

今回は、投資信託のベンチマークと騰落率からみた投信の選び方について
書いていきたいと思います。

まずは、騰落率とベンチマークの用語についてまとめていきます

騰落率(とうらくりつ)とは
追加型の株式投資信託では運用の成果を数字で見る場合には騰落率という指標を使って表示することがあります。
追加型株式投資信託では決められた期間の、基準の価額の動きというのはパーセンテージで現します。

例をあげますと
基準価額が10800円だったとして、
半年たって基準価額が10500円になったとします。
300円下落しましたので 300÷10,800=0.0278
ということは、この場合の投資信託の騰落率というのは半年で-2.78パーセントになったということになります。

では基準価額が10500円だったとします。そして半年後には11000円になっていたとします500円値上がりしましたので 500÷10,500=0.0476
ということで 半年で+4.76パーセントということになります。
これが一定の期間での基準価額の動きをわかりやすくパーセンテージしているものです。プラスなら上昇 マイナスなら下落です、

ベンチマークとは
ベンチマークという言葉を ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典でみますと
ベンチマーク (英:benchmark) は、本来は測量において利用する水準点を示す語。転じて金融、資産運用などや株式投資における指標銘柄など、比較のために用いる指標を意味する となっております。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF

ベンチマークとは、その投信が参考に(目標に)している指標のことです。
日本株投信なら 日経225とかTOPIXをベンチマークにしているとおもいます。

色々な会社の追加型株式投資信託の騰落率を比べてみるということは投資信託を選ぶときにはとても参考になると思いますし、ベンチマークの騰落率と比べてみると成果がよくわかると思います。
投資信託を選ぶときには騰落率やベンチマークを見るということは運用実績がよくわかりますから、それを元に投資信託を選ぶというのは賢い投資信託の選び方だと思います

運用実績は、過去の運用の結果ですのでこれからの運用を保証するものではありませんがベンチマークとの騰落率を比較する事によって その投信の値動きやクセみたいなものが分かってくると思います。
スポンサーサイト

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

投信の選び方 リスクとリターンから

今回は、投資信託を選び方としてリスクとリターンについて書いていきます。
ローリスクハイリターンという商品は、ありません。そう考えてください。
私が知らないだけで、どこかにあるかもしれませんが・・・・・。
しかし、投資をする際には ないもの と考えるのが自然だと思います。

となると、リスクとリターンのバランスが重要になってくると思います
リスクとは、損する可能性リターンとは 得する可能性 ということになるでしょうか。

投資信託を選ぶときには、リスクやリターン率のバランスを考えたほうがいいといわれています。

なぜでしょうか?

まず、投資信託の商品というのもそのもの自体がリスクのある商品だといわれています。
よく耳にするのが投資信託は、ハイリスクでハイリターンだということを耳にします。
ローリスクでローリターンというファンドも中にはあるかもしれません。

投資信託のリスクとリターンとはどのようなものでしょうか。

投資信託を選ぶときにはリスクとリターン率をバランスと入ったもののリスクとリターンがわからなければ意味がありません。
リターンというのは、ファンドが一定期間にどれくらい値上がりするのかということを収益率に換算したものです。
値上がり以外にも値下がりにも対応しています。
一般的には、基準価額の値上がり分に投資信託分配金の受け取れる分を足したものが年率で表示されています。
そして投資信託のリスクというのは危険性ですが、損失の事という意味として理解されてもいいと思います。
投資信託ではリターンが大きいと見込まれているということは実はリスクも高いということになっています。
そしてリターンが小さいということは、リスクも低めと考えられています。

投資信託を選ぶときには、最悪のリスクを自分がどの程度負担することが出来て、リスクにあったリターン率のバランスを考えて選ぶということが一番大切だと思います。
リスクとリターンは常に比例しているということを忘れずに投資信託を選びましょうね


投資信託の評価として 下記URLにあるような
パフォーマンスの評価があります。
http://www.morningstar.co.jp/lecture/lesson/ed9_2.htm

債券に投資する投資信託ですと 値動きが少なめですので
ローリスクローリターンということになるでしょうか。

株式に投資する投資信託ですと 値動きが激しくなるので
ハイリスクハイリターンということになるでしょうか。

このように リスクとリターンから投資信託を見てみるのも
いいと思いますよ。

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

投資信託の選び方 投資の目的や期間を考えて

さて、今回は投資信託の選び方として 投資の目的や期間から考えてみましょう。
お子様の教育資金や老後資金 はやまた 住宅の頭金や テレビとかの買い替え資金
まで(笑) いろいろな資金があると思います。
そんな資金を運用するのに少しでも増えたほうがいいですね。

そんな場合はどうしたらいいのか考えていきましょう。

投資信託の選び方のポイントとしては、投資の目的や期間によって投資信託を選ぶという方法があります。
投資の目的はなんでしょうか。
自分はどんな投資スタイルで投資をしたいのか、目的をまずはしっかりと決めたほうがいいですね。
投資信託の目的がしっかりしていればその目的に合わせた内容のファンドを選べばいいのです。
どのような投資をしたいのでしょうか。
あまり危険性のない、安全な安定している投資信託を目的としたいのなら、公社債型の投資信託がいいと思います。
初心者の投資信託はこの型が安心かもしれませんね。
そして投資信託の上級者で、積極的に投資信託を活用したと思っている人は、株式型の投資信託を選んでもいいかもしれません。

投資信託の選び方では、まず自分がどんな投資をしたいのか目的をしっかり立てて選ぶといいでしょう。

そして投資信託を選ぶときには期間によって選ぶという方法もあります。
追加型と呼ばれる投資信託の期間は10年以上、または無制限の長期的な物です。
そして単位型と呼ばれるものは、大体単位が決められていて5年から7年くらいの期間で投資信託を行います。
投資信託を選ぶときには、自分がどれくらいの期間投資をしようと考えているのかということも投資信託の選び方のポイントの一つになるのではないでしょうか。
このように投資信託の選び方には、目的をしっかりとさせて自分の投資のスタイルを決めることと、投資をする機関をある程度決めておくということが大切です。

たとえば、2年後に使う目的が決まってるお金があるとしましょう(車検代とかそんな感じですね)
そのお金を運用していくとしてどうしましょうか?
2年後には確実に使うお金なので、お金に無理をさせてはいけないですね。
とすると・・・・・。
債券型の投資信託や公社債投信という選択になりますね。
まちがっても株式投資信託はよくないですね。

次は、子供の教育資金とか比較的長期に運用するものはどうでしょうか
これは、それぞれの考えになるでしょうが・・・・
損はしたくないから 安全に 債券型という人もいるでしょうし
私みたいに 長期なら 株のほうがいいんじゃない? ということで
株式型を選択するひともいるでしょう

このように 投資目的や自分の投資スタイルにあわせて
運用の方針を決めていきましょう。

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

投資信託の買い方 始め方は?

投資信託の始め方、買い方について紹介したいと思います。

投資信託をこれからはじめようと思っている人は、投資信託の始め方や買い方をある程度知識を入れてから行うことで投資信託をスムーズに始めたり買ったりすることができると思います。
まず投資信託の買い方ですが、投資信託を始めるには口座を開設しなければいけません。
投資信託を販売しているのは証券会社などですが、その証券会社に口座を作ります。
証券会社で口座を作った場合には、普通の証券取引と同じ口座で投資信託以外の業務を行うことも出来ます。
またネットだけで行っている証券会社の場合には、口座を管理する手数料は必要がないのですが大手の証券会社の場合には口座を維持するのに管理費が必要になるところがあります。

投資信託を始める場合には、まずは口座を開設しましょう。
そして口座を開いてからは、投資信託の商品を選びます。
投資信託の違いを色々と比較して商品を選びましょう。
投資信託によっては購入可能な時期と解約可能な時期が違っています。
投資信託はいつでも購入したり売ったりすることが出来るところもありますが、制限されているとこともありますから確認しておきましょう。
ほとんどが、平日は購入できると思います。

そして投資信託の商品を選ぶことが出来たら、次は投資のスタイルを考えます。
長期なのか 短期なのか
株式なのか 債券なのか・・・・・等々

投資信託にはタイプがそれぞれ違っています。
投資信託は積み立て投資信託と一括投資信託というタイプの投資信託があります。
積み立て投資信託の場合には毎月少しずつ投資するというもので、一括の投資信託のタイプは、一括であらかじめ投資しておくというタイプです。

これで投資信託を始める準備が出来ましたね。

ここからが投資信託の買い方です。
投資信託を買うときには、1口1円で最低1万口から買い始めることができます。
投資信託は基準価額があるので、1万円から投資を始めるということになります。
ですから投資信託の買い方ではまずは1万円分買うというのが初めの投資信託の買い方です

ネット証券の投資信託の取扱本数をしらべてみると・・・・。

投信スーパーセンター
637本

楽天証券
332本

SBIイー・トレード証券
306本

カブドットコム証券
260本

ジョインベスト証券
237本

マネックス証券
184本

同じ商品を複数の証券会社で扱ってる場合があります。その際には 手数料の安い証券会社で買うのがいいですね。
証券会社ではなく、銀行等で購入もできますが 手数料が安いのは証券会社だと思いますただし、ネット銀行ではそこ独自の投資信託があったりしますので注意してください。

まずは、1万円から買ってみてどのようなものか確認してみるのもいいですよ。

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

投資信託の分配金

今回は、投資信託の分配金についてお話していきます。
投資信託にも分配金ってあるんだー ってかたも
毎月分配型の投信を持ってるよ ってかたも お読みくださいね

投資信託の分配金というのはなんでしょうか?
投資信託の分配金というのは決算をする時期にその一年間の収益や一部の信託財産の中から、投資家に配られるお金の事です。
これが投資信託分配金と呼ばれるものです。

株をやっている人なら配当金や債券と呼ばれるものが配られると思いますが、投資信託の場合には投資信託分配金として配られることになります。
投資信託分配金は、分配原子の中で支払われることになります。
投資信託分配金は、毎期ごとに支払われるのが一般的です。

決算の基準の価格は、投資信託分配金の分だけ金額が下がるといわれています。

投資信託分配金を受け取るときには、二つの方法で投資信託分配金を受け取ることが出来ます。
①投資信託分配金の支払われたものをそのまま受け取るという分配金受け取り型
②投資信託分配金で支払われたものをそのまま同じ投資信託に投資するという分配金再投資型

投資信託分配金が出る投資信託は、このように二つのタイプに分けられていて、販売している会社では、自分でどちらを選ぶのか選択できます。

もしも投資信託分配金再投資コースにした人は、投資信託分配金から税金等を引いた額を決算日に再投資されるというスタイルです。このときには販売手数料は必要ないようです。
投資信託分配金はそのまま受け取るのか、また投資にまわすのか選んで継続して投資を行うことが出来ます。

分配金というのは、ほとんどの投信ででるものです
最近はやってるのは、毎月分配型や年金の出ない奇数月に分配金を出すものでしょうか

たとえば、年金の受給している人であるならば、
分配金は受け取りがいいでしょうし
20代の若い人なら、分配金は再投資して複利で運用していくのが
いいのではないかな と個人的には思います。

いかがでしょうか?
あなたが投資する際の参考になれば幸いです

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

投資信託の手数料について

今回は、投資信託にかかる手数料について書いていきます。
投信にかかる手数料って 買うときにとられる手数料だけだと思っていてはいけません。
さまざまな種類の手数料がありますよ

投資信託の手数料は、投資信託を行う人にとってはとても重要なことではないでしょうか。
一体投資信託の手数料というのはいくらくらいなのでしょうか。投資信託の手数料はそれぞれ投資信託の時期によって支払う投資信託の手数料は違っています。

①投資信託を購入したとき
必要な投資信託の手数料には、申込手数料(販売手数料)というのが必要になってきます。これはファンドごとに違っているのですが手数料には消費税も加えられます。

②収益分配のとき
投資信託の手数料には、収益分配時にも手数料がかかってきます。所得税や地方税です。

③換金をするとき
換金手数料というものが投資信託の手数料の一つにあるのですがこの投資信託の手数料は、ファンドによって違っていて、場合によっては換金手数料が無料のファンドもあるようです。

④保有してるとき
投資信託の手数料には信託報酬というものがあるようです。投資信託を運営している運営会社の収入なのですが運営している人に、人件費や情報量として信託報酬が支払われる形になります。

⑤解約するとき
投資信託の手数料には、信託財産留保金と呼ばれる手数料が必要です。この投資信託手数料は投資信託をやめる人が残っている額に応じて、ファンドに残すお金の事です。また、解約手数料が必要になるファンドもありますからその場合には投資信託手数料として、解約手数料が必要になってきます。

主に 投信の手数料としてかかるのは 上記の5個です
①に関しては 投信を販売している会社によって違います。同じ投信でも 販売している会社によって
違ってきますので安いところで買うのがいいと思います

②は 税金です これはどこで買っても一緒です。
覚えていてほしいのは、分配金には税金がかかるということです

③に関しては へー そうなんだくらいでいいともいます(笑)

④は、保有中に運用会社に手数料として払うものです。目論見書のなかに 信託報酬の率と
分配の割合が書いています。 これは同じ投信であれば販売会社にかかわらず一緒です

⑤は、解約したときにその投資信託が解約する投資家のために運用資産を換金する必要があります
その際の手数料だと思っていただければいいかと思います。

いかがですか??
手数料と一口にってもいろいろな種類があります。
①④⑤は特に覚えておいてくださいね。

あなたの何か役に立てれば幸いです

テーマ : 資産運用について - ジャンル : 株式・投資・マネー

         
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。