スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

投資信託のランキングについて

今回は、投信のランキングについてお話していきます
ランキングをどのように投資に結びつけるかということですね。

投資信託のランキングには、雑誌や新聞で1カ月や1年という短期的な投資信託のランキングが掲載されますが、短期的な騰落率にこだわることは投資信託のランキングでは禁物と思います。

良かったものが悪くなり、悪かったものが良くなるのは、この世の常でありますし、特に投資信託のランキングは大きく変化します。

5年前に投資信託のランキングで上位半数に連続ランクされたファンドのうち、5年後の今も上位半数を維持している優秀なファンドは11本のうち1本しかないという統計もありますので、あまり目先の投資信託のランキングに拘るのは危険と思います。

カテゴリ分類からどんな投資信託のランキングがあるのか見てみますと、短期運用の運用成績ランキング・長期運用の運用成績ランキング・最も広く保有されているファンドはどれかというランキングなど様々です。

ネット上ではいろいろなサイトで投資信託のランキングを発表しているものが数多くあります。代表的なサイトとして価格.COMでは、販売会社の人気投資信託ランキング・週間アクセスランキングなどがあり、テーマ別ラインアップ・分類別ラインアップなどで投資信託をわけて紹介しています。

また、モーニングスターというサイトでは様々なファンドの格付け情報や最新の投信業界の動向などがランキング掲載されています。どのようなものでも投資信託のランキングの見方としての注意点は、ランキングはある一定期間の騰落率をベースにしていますのでこのランキング評価がファンドの良し悪しと直接つながってはいないということに留意してほしいと思います。

投資信託にも流行のテーマがあります。
たとえば 毎月分配型だったり BRICSなどの新興国の株に投資するもの
最近では 中東関連(MENAとか)でしょうか

投信のランキングには注意が必要ですよ
ランキングが1位だからといって過去のリターンを保障してくれるものではありません
あくまで過去の結果によるランキングなのです
売れてるからとか過去のリターンがいいからという理由で投資をしてはいけません

ランキングよりもその投信はなにに投資しているのか なぜそのリターンを
あげたのか?

それを考えることが必要ですよ
スポンサーサイト

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

日興五大陸債券ファンドについて

ちょうど このブログをはじめてから
友達から ゆうちょ銀行の日興五大陸債券ファンドはどうなんだろ??
見たいな相談を受けたので ちょっと調べてみた。

日興五大陸債券ファンドは、ゆうちょ銀行専用ファンドです。
ゆうちょ銀行でしか買えない投資信託ということです。

内容を見ていきましょう
分類上は株式投資信託ですが
運用方針では
マザーファンドへの投資を通じて、日本を除く先進国に新興国を加えて、合計38カ国(2006年3月末現在)の国債に投資する。基本投資比率は、先進国80%、新興国20%とする
となっておりますので 株式には投資せず債権のみの投資になると思います

主な投資先は、
「海外債券インデックス(ヘッジなし)マザーファンド」
「海外新興国債券インデックス(ヘッジなし)マザーファンド」 となっておりますので
インデックス型(指数連動)となっていて ヘッジなしですので 為替のリスクがありますね。

毎月分配型ですので 口数に応じて 毎月分配金がもらえます。
ここ半年くらいは 1万口あたり 毎月60円 です

手数料 2.1%(税抜き 2.0%)
信託報酬 年率1.05%(税抜き 年率1.00%)
信託財産留保額 1万口につき基準価額の0.2% とおもっていたら・・・・。

投資信託に関する手数料等
  お客さまには、次の費用をご負担いただきます。
申込手数料(基準価額に対して、最大3.15%(税込み))
信託報酬(信託財産の純資産総額に対して、最大1.68%(税込み))
信託財産留保額(基準価額に対して、最大0.3%)
その他費用(その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。)
(ゆうちょ銀行のHPより抜粋)

とありますので 注意が必要ですね。

このへんの用語は またそのうち解説しますが コストだと思っておいてください。
個人的感想ですが 手数料と信託報酬がやや高めだと感じられます
ファンズオフファンズ(投資信託に投資する投資信託)なので 信託報酬が高いのはしかたないのかなとは思います。

お勧めか?? といわれれば
今後証券会社に口座を開かず ゆうちょ銀行しか口座がなく
毎月分配金があることが必要な人向き でしょうか(笑)

個人的にはあまりお勧めはしませんが
毎月分配型の投信にしては 結構がんばってるので
まあ いいんじゃないかな という感じです

投資は自己責任ですので 他の商品も検討してから購入するようにしましょう

いかがでしたでしょうか?
今回の記事はお役に立てましたでしょうか?

あなたの投資のお役に立てれば幸いです

テーマ : 個人投資信託ファンド♪ - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

投資信託の基準価額とは

今回は、投資信託の用語についてお勉強しましょう。
基準価格という用語について説明していきますね。
こうかくとなんかややこしそうですが 実は簡単なんです(笑)

投資信託の基準価額というのは、投資信託を購入したり、売却(換金)する際に使われる値段のことを言います。

基準価額は、毎日算出されて変化します。

基準価額は、投資信託(ファンド)に組み入れている有価証券などを全て日々時価評価することで、利息・配当金等を加えて資産総額を算出し、そこから運用にかかるコストを差し引いて純資産総額を算出し、そしてそれを受益権口数で割ったものです。

つまり、「基準価額=信託財産の純資産総額/受益権口数」となり、基準価額は日々変動し、投資信託の買付代金や解約による受取代金を算出する際の基礎となるものです。
投資信託の基準価格とは、株で言うと株価に当たり、投資信託の中に組み込んでいる株や債券の価格が上がれば、基準価格も上昇し、価格が下がれば、基準価格も下がることになります。
基準価額は購入した金融機関に問い合わせる方法もありますがゆうちょ銀行も含めてほとんどの会社のものがサイト上に載っています。あなたの投資信託の中味が、株を中心にしたものなら、基準価額の変動が大きい事が予測されますし、債券中心なら、基準価額はあまり大きな変動はないことと思います。しかし、どちらも元本を割る可能性があることは、頭に入れておくのがよいと思います。
また、日経新聞を購読しているのであれば 日本経済新聞の株価欄近くにオープン基準価格という欄があって、ここで運用会社別に基準価額が記載されていますのでこちらも確認することがよいと思います。最近では主要な投資信託の基準価格は一般紙にも掲載されています。

簡単ですね(笑)

基準価格とは 売買するときの値段(価格)です。投資信託の値段ともいえるかもしれません。
株式 為替 原油などの商品 等々 毎日変動しています。
それに投資している投信も当然毎日 価格がかわるのは 当然ですね。

このBLOGをみているということは きっとインターネットに接続できていると思いますので
YAHOOファイナンスやモーニングスターのサイトにて基準価格は、毎日確認できます。

さっそくのぞいてみてください。

今回のお話はいかがでしたでしょうか
あなたの投資の役に立てれば幸いです。

テーマ : 資産運用について - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

投資信託の比較

今日は、投信を比較する際のポイントについて 勉強していきましょう。
何をどう比較すればいいのか?
そのへんを見ていきましょう

投資信託を比較するには公社債投資信託と株式投資信託に大きく分類されます。

MMFや中期国債ファンドなども公社債投資信託に分類されます。
公社債投資信託を比較・分類する際のチェックポイントは主に債権の残存期間となりますが、外貨MMFでは通貨や金利の比較も重要となります。
また、規約上株式も組み入れ可能である投資信託ということで株式投資信託に分類されます。世界中の公社債に分散投資している投資信託としても規約上は株式の組み入れが可能なため株式投資信託に分類されます。

株式投資信託は投資する国や地域、株式と公社債の組み入れ比率などを比較することにより商品性を比較することができると思います。
投資信託の比較には純資産額、リスク・リターン、運用コストなどがあります。
たとえば株式投資信託の販売手数料は投資信託を販売している銀行や証券会社ごとに異なっているので、よく調べる必要性があります。
簡単に比較する対象をあげると、手数料で比較、注文機能で比較、取扱商品で比較、外国株で比較、情報ツールで比較、ユーザーサポートで比較などです。
取扱商品の比較ということでは、取扱商品が多ければ分散投資も可能になります。
また投資の成功の鍵は情報の多さと思いますのでそういう意味で、情報ツールも重要な比較することが重要になります。人気の株主優待情報や投資アドバイスなどの情報は、多くあるほど売買タイミングを判断するのに役立ちます。

うーん・・・。
ちょっと分かりにくいですね(笑)

①投信の投資しているものを比較
株式なのか債券なのか それともバランス型なのか
日本株だけなのか 外国株を含めるのか 
投資比率はどうなのか 
過去のリターンは
投資期限は などなど・・・・。

同じ投資対象の投信なら
手数料 信託報酬などの運用コスト 過去のリターン
純資産額 を比較するのがよいとおもいます

②外貨MMFについて
利回り 手数料 どこの時点のレートをつかうのか
が 大切です

③証券会社で比較
外貨MMFの利回りや投資信託の手数料は 証券会社によって違い場合があります。
ですので、同じ投資信託を買う場合でも 手数料の安い方で買うのがお得になります。
また、いろんな投信に分散して投資しようと思うと 販売会社の取り扱い商品数が多いほど
商品を選ぶ幅がひろがりますね。
また、投資するタイミングを考える為に情報ツールが充実しているところもよいでしょう。

いかがでしたでしょうか
ちょっと漠然とした話になってしまいましたが
ご理解いただけましたでしょうか

あなたの投資になにか役に立てれば幸いです。

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

不動産投資信託とは

今回は、不動産投資信託 よくREITと呼ばれますがそれについてお勉強していきます。
投資信託って 株や債券だけではないの?? 
とお考えの方もいらっしゃるでしょうね
REITは比較的新しい形の投資信託なのです

それでは見ていきましょう。


不動産投資信託とは、投資家から集めた資金等で不動産を所有し、管理・運営を行ない、そこから生じる賃料や売却益が投資家に配当される新しい投資信託の仕組みを不動産投資信託と言います。


これまでの投資信託では、投資対象は株式や債券など「主に有価証券」と決められていましたが日本では2000年11月に施行された改正投資信託法により不動産等を運用対象とする投資信託が認められるようになって不動産投資信託ができたのです。

不動産投資信託のメリットとしてあげられるのは不動産の賃貸料は定期的な収入であり、短期間に大幅に変動しないので投資家に支払われる分配金が比較的安定していることです、値動きが相対的に小さいことも挙げられています。
また、賃貸料などは物価とともに値上がりする傾向にあることからインフレに強いとも言われています。

不動産投資信託の問題点としては、第一に、金利上昇に弱い点が挙げられます。これは投資法人が不動産を購入するために借り入れを行うため金利上昇に不動産投資信託は弱いのです。
現在のような低金利においては借り入れを行っても金利コストは低く抑えられますが、金利が上昇すると金利負担は大きくなります。また、安定的な賃貸料収入が期待されると言っても、優良テナントがビルから退去したり、不景気によりテナントが入らない、賃貸料を引き下げなければならない、という事態もあり得ます。また、新しい商品であり、情報開示などの点でもまだ十分とはいえないということも不動産投資信託は問題があると思います。

いかがでしたでしょうか

不動産投資信託と漢字の多い名前がわかりにくくしているような気がします(笑)
簡単なイメージとして ビルオーナー(ビルの所有者)に投資していると考えてください。

あなたとあなたの仲間 家族とで 不動産屋さん(花澤不動産)に投資します
花澤不動産はそれを資金にしてビルを買います。
そのビルの中にあるテナントや住人から賃料をもらいます
そこから利益が出た分を投資家であるあなたに分配する という感じです

REITの利点や欠点については 上記に書いてある通りです

投資の際には、ご注意くださいね。

株式 債券などの伝統的な投資先と
商品 REITなどの 企画的新しい投資を 組み合わせて
リスクを分散させる ポートフォリオを作る というのが
最近の主流となっています。

ですので REITに関しても 知っておいたほうが得になりますよ。

テーマ : 資産運用について - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

ゆうちょ銀行で扱ってる投資信託

本日は、ゆうちょ銀行で取り扱いのある投信について書いていきます。
身近な金融機関である ゆうちょ銀行で扱っている投信でどのような商品があるのか
見ていきましょう。

ゆうちょ銀行(日本郵政公社)で取り扱っている投資信託には、ゆうゆうファンドシリーズと呼ばれているようで、次のものがあります。

野村世界6資産分散投信
大和ストックインデックス225ファンド
GS日本株式インデックスプラス
これらは、昔から販売されている郵便局で扱う投資信託ファンドになります。

2006年6月12日から新規に追加された郵便局で扱う投資信託ファンドが下記になります
住信日本株式SRIファンド
日興五大陸株式ファンド
日興五大陸債券ファンド(毎月分配型)
DIAM世界リートインデックスファンド(毎月分配型)
などがあります。

野村世界6資産分散投信については、複数資産へ投資することでコースを選択可能にした投資信託です。
大和ストックインデックス225ファンドは日本を代表する企業に投資し、日経平均株価に連動するように日本の株式市場を代表する225銘柄の中から各業種ごとに銘柄を選出し投資しているで扱う投資信託です。
GS日本株式インデックスプラスは日本株式に投資し、長期的にTOPICS(東証株価指数)を上回る運用成果を目指すところにある投資信託です。
住信日本株式SRIファンドというものなどがありますが、SRIとは社会的責任投資のことです。企業は利潤の追求はもちろんのことですが、その利潤の追求は、企業を取り巻く人や組織、環境に対しても積極的に考慮し、責任を負った上で行うことを要求されています。こうした企業の社会的責任という視点の評価することで構築しているのがこのファンドの特徴です。

ゆうちょ銀行で扱っているからといえども、元本保証ではありませんので
注意してくださいね。投資は自己責任です。注意してくださいね。

色々な種類の投資信託があるんだなー 見たいな感じで 理解しておいてください。

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

投資信託の種類

さて、今回は 投資信託の種類についてお勉強していきましょう。

投資信託の種類は、運用対象によって大きくわけて2種類です。
株式投資信託と公社債投資信託という種類になります。

まずは、株式投資信託からです
株式投資信託という種類は一般に、株式を組み入れて運用することができる投資信託を言います。株式を中心に、債券やCD・CP、コールといった短期金融商品も運用対象となりますが約款上は株式を組み入れることが可能な投資信託でも株式を組み入れないで運用する種類もあります。
買付けで分類すると、一定期間しか募集しない単位型と、いつでも購入できる追加型の種類があります。

次に、公社債投資信託です
公社債投資信託という種類は、株式を一切組み入れず、国債や社債といった公社債を中心に、短期金融商品も運用対象とする投資信託の種類です。
MMFや中期国債ファンドなどのようにお金の必要な時に当日に換金ができる種類のもの、または1年複利効果が期待できるもので期間が自由なものなど、好収益に加えて使い勝手に優れた便利な種類がいろいろ揃っています。緊急な事態のために備えたお金や、近い将来使う予定のあるお金などの運用に最適な投資信託の種類と思います。

株式投資信託では、値動きが大きくもっともリスクの大きい商品といえると思います。日本株に投資するものと外国株に投資するものとがあります。
大幅な値上がり益を得ることも出来ますが、大きく損失を出す恐れもあるというのが株式投資信託の特徴です。公社債投資信託はその性質上、値上がり益を狙うというよりも利息収入を重視する商品なので値動きが小さいぶんリスクも小さくなります

まとまめると
投資信託には おおまかにわけて2種類ある
①株式投資信託
名前の通り 株式を組み入れて運用する投資信託。
ただし 全部株式で運用しなくてもよい。
買いつけ(購入)の場合 単位型(クローズ)と追加型(オープン)がある。
大きな値上がり益が狙える半面大きく損する可能性もある

②公社債投資信託
名前の通り 公社債等で運用する投資信託
株式は一切いれない
利息で複利で増やすのに適している

こんな感じでしょうか

まずは、自分の手元にあるお金をどのように運用していくかで
投資先が変わってきます

来年使う予定のお金を 株式型投信にいれると・・・・・
値が下がって損してしまうかもしれません。

それでしたら 公社債型のほうが 安全だとおもいます。
残念ながら 元本保証ではないので 損する可能性はありますので 
注意してください。

いかがでしたでしょうか?
今回は 投信の種類についてお勉強しました。
おわかりいただけましたでしょうか

不動産投資信託(REIT)については、また別にお話しますね。

あなたのお役にたてれば幸いです。

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

         

まずは 投資信託の仕組みから

投資信託ってよく聞くけどなんなんだろう?
最近友達がはじめたらしんだけど 詳しくわからなくて 聞き流してしまった・・・・。
投資信託って どう得なの? 株とかと比べて?

最近よく聞く 投資信託 投信 REIT・・・・。
わからないままじゃ 投資できませんよね
貴重なお金を投資する前に しっかりとお勉強していきましょう♪

今回は、投資信託の仕組みからです。

投資信託の仕組みは、投資家から集められた資金をもとに販売会社・運用会社・管理会社の3者が役割を分担し、効率的に運用されている仕組みを投資信託といいます。
投資信託の募集・購入や換金、および分配金・償還金の支払いなどは、証券会社で行う仕組みとなり、証券会社では投資信託に関するさまざまな質問や相談も受付けています。
個人投資家と投資信託をつなぐ窓口となっています。
運用会社が直接投資家に投資信託を販売することもあります。
また、銀行、信用金庫、信用組合、保険会社などでも投資信託を購入できる仕組みに法改正がなりました。

次に、運用会社である投資信託会社などで、その資金をもとにファンドを組成し、管理会社へ運用の指図を行う仕組みです。
管理会社である信託銀行などで投資信託は、運用会社の指図をもとに受託した資金を株式や債券などに投資し、資金の管理を行います。
このように運用によって得られた収益は、販売会社などを通して分配金や基準価額へ上乗せされた形で、最終的に投資家へ還元される仕組みとなっています。
長引く超低金利と将来受取る年金や退職金に対する不安がある時代でもお金を「貯める」だけでなく、「殖やす」ことも大切なことと思います。
今まで「殖やす」ことに興味がなかった方も確定利付きの預貯金に加え、将来に向けて中長期的な運用に適している投資信託の仕組みを利用して、バランスのとれた資産作りを考えてみるのもよいのではと思います。

まとめると

投資家(みなさん)のお金を
証券会社等の販売会社が窓口となり お金を集め
運用会社が その集めたお金で 投資信託の運用方針に基づき
管理会社で運用の指示をして
管理会社が投資をし、お金の管理を行います。

そして 収益は管理会社は販売会社をとうして 最終的に 
投資家(みなさん)の元に分配される という仕組みです。

いかがでしたでしょうか?
私なりにしらべた 投資信託についての仕組みです。
今回のところは ご理解いただけましたでしょうか?
なかなか 理解しにくい部分のある 投資信託などのお金の部分ですが
老後やこれからの世の中を考えると しっかりと理解しておいたほうがいいと思います。

これから 記事を書いていきますので一緒にお勉強していきましょう

続きを読む »

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

         
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。