スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

ABF汎アジア債券インデックス・ファンド 上場3営業日目

1349 ABF汎アジア債券インデックス・ファンド
本日 12,500円で終了

出来高 70株ってどうなんでしょう?

当該ETFが連動を目指す“iBoxx ABFパン・アジア指数”は、アジア8つの市場(中国、香港、インドネシア、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ)の現地通貨建ての国債・公債を対象としています。当該ETFは、2005年6月にシンガポールにてステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ・シンガポール・リミテッドにより組成され、同年7月に香港取引所に上場し、その純資産総額は約14.8億米ドル(2009年3月31日現在)となっています。

http://www.tse.or.jp/news/200906/090619_a.html より引用

売買単位は、一株なので
エマージング債券に興味がある人
アジアの成長を期待する人には
いいと思います。

エマージングの株式には、興味があるけど
債券はちょっと、個人的にはあまり関心が
ないです。


デフォルト怖いので。

といっても 2005年から運用しているので
実績は大丈夫なのかなと思います。

タイとフィリピンの政情が安定してくれば
意外と化けるかもしれないなという感じです

あと、為替の影響も受けるので
円安になれば、基準価格はあがりそうですね。

ただ、出来高が少なく
値動きがおちついていないようなので
もちょっと 見てから買うのがいいかもしれませんね。


日経平均と
ともに上がっていくような感じではないので
ゆっくり見守っていきたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 投資・資産運用とくとく情報 - ジャンル : 株式・投資・マネー

Tag : ETF ABF汎アジア債券インデックス・ファンド

         

ABF汎アジア債券インデックス・ファンド

米金融サービス大手のステート・ストリート傘下の
資産運用部門ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズは
5日、アジアの債券に連動するETF(上場投資信託)である
「ABF汎アジア債券インデックス・ファンド(愛称:アジア国債・公債ETF」を
今月19日に東京証券取引所に上場すると発表した。
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-38420120090605より引用

債券ETFきましたね。

信託報酬は、年最大0.4%になるようですね。
最大ですので、もちょっと安くなる可能性があります。

ABF汎アジア債券インデックス・ファンドということですので
アジア各国の国債や社債に投資しています

インデックスの指標は
iBoxx ABFパン・アジア指数(iBoxx ABF Pan-Asia Index)
となっています。

上位5カ国を見ると (2009年4月30日現在)
香港:19.01%
中国:17.17%
韓国:16.72%
シンガポール:14.90%
マレーシア:10.52% となっています。

日本は、はいっていません。

新興国の債券は
リスクが高いですが
アジア諸国に分散されているので
1国よりは、リスクが低くはなります。

今後の展開に期待ですね。

いろいろな債券インデックスが出てくることに
期待したいと思います。

投資するかどうかは
現状未定です。

テーマ : 効率的に資産アップを目指す!! - ジャンル : 株式・投資・マネー

Tag : ABF汎アジア債券インデックス・ファンド

         
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。