スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

野村世界6資産分散投信 成長コース

意外と見落としがちなんですが
ゆうちょ銀行の野村世界6資産分散投信
これって ゆうちょ銀行に中ではまだましな
バランス型なんですよね。

と個人的には思っています。

というわけで 野村世界6資産分散投信 成長コースを分解してみましょう。

6資産というのは
国内債券
国内株式
外国債券
外国株式
国内REIT
海外REIT です

成長コースの資産分配割合とベンチマークは
国内債券 10% NOMURA-BPI総合  
国内株式 35% TOPIX
外国債券 10% シティグループ世界国債インデックス
外国株式 35% MSCI-KOKUSAI指数
国内REIT 10% 東証REIT指数
海外REIT 10% S&P先進国REIT指数

基本的に、中身はインデックスファンドです
信託報酬も、年率0.798%(税抜き 年率0.76%)
となかなかお安めになっています。

REITと債券の比率が一緒というのが
ちょっとすごいなというところです。

各月分配というのも、ちょっと痛いですね

成長コースなんだから、分配なしで
再投資とかにしてくれると
商品の幅がひろがったんじゃないかな
と思います。

外国株式には、新興国が含まれていないので
注意してください。

国内債券の比率が、小さいのが
個人的にはオススメです。

分配しなければ、もっとオススメなんですが
ゆうちょ銀行の投信を
どうしても買わなきゃいけないのなら
これを買います。

通貨も分散してるので
円安局面でも、値上がりが期待できますね。
スポンサーサイト

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

Tag : 野村世界6資産分散投信 成長コース

         
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。