スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
         

グロソブついに・・・・。

1/20 本日付けの日経新聞にも掲載されていました。
グロソブついに分配金を下げますね。

国際投信投資顧問は19日、同社の旗艦ファンドで、国内最大の公募投信である「グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)<通称:グロソブ>」 62002137JP.LPの月次分配金額(=1万口あたり)を、40円から30円に引き下げた。2001年1月に60円から40円に変更して以来8年ぶり。

http://jp.reuters.com/article/domesticEquities/idJPnTK023564620090119

正直な感想としては、
分配金を下げるのが意外とおそかったなという感じです

国際投信投資顧問のHPでは
分配金を下げた理由について
書いていますね。

解約が増えるのは避けたい状況
ですから このレポートはしかたのないところでしょう。

内部留保を増やすと
分配後の基準価格の落ちも
同じだけ減らないんですね。

当たり前といえば、当たり前か・・・。

グロソブの分配金の多くは
為替差益によるところが 大きいので
円高局面では 分配金の下げは仕方がないでしょうね。

1月19日現在で 基準価格が 6,154円 となっています。
総資産が 約 4兆5000億円

最後まで、読んでいただいてありがとうございます
スポンサーサイト

テーマ : 投資信託 - ジャンル : 株式・投資・マネー

Tag : グロソブ クローバル・ソブリン・オープン

         

円高 円高 円高!!

円高です。
アメリカさんも利下げをして
ゼロ金利入り。
金利が低い低いといわれてた
日本と金利が逆転してしまいましたね。

これでは、円高になるのは当然です。

というわけで、
毎月分配型ファンドの配当金減額という
ニュースをよく聞くようになりました。

グロソブもそろそろか?
というような噂もありますが どうなんでしょうか
配当金が下がれば、売る人もでてくるでしょうから
純資産総額が減っていきます。
そうすると、解約のお金を払うために
現金化しなきゃいけない
そうして、基準価格が下がる

というような 循環が考えられます。

基準価格が下がっても
信託報酬は取られますしね。

日銀も仲良く利下げしそうな感じですので
ゼロで金利差なし
とういう状況になる可能性もあります。

外貨MMFなんかを今のうちに買って
アメリカ株のインデックスでも
買おうかな なんて 考えています。

値動きが激しそうなんで
様子をみながら、外貨MMFあたりで
運用してみようと思います。

最後まで、読んでいただいてありがとうございます。

テーマ : 資産運用について - ジャンル : 株式・投資・マネー

Tag : 投資信託 グロソブ

         
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。